中古トラックの見つけ方!

中古トラックについての情報が満載

中古トラックの種類:ユニックの特徴

中古トラックの種類:ユニックの特徴 需要が高くなってきている中古トラックの一つに「ユニック車」が挙げられることは非常に多いです。
中古クレーン車は種類が豊富で、サイズも様々のため目的や予算に合わせて選ぶことが可能になっています。
数多くの車種の中でも特に人気が高いこのユニック車は、トラックの後方部分にクレーンが付いている特徴があります。
そもそもこの車種は積載型のキャブ後方にクレーンを装備している車輌の通称であり、車載クレーンの国内大手メーカーの会社名から名前を取って一般的な通称として呼ばれるようになりました。
そのためこの通称が付いている車=クレーン付きトラックであることは一般的であり、この機能によって思い資材も簡単に扱うことが可能になったことから主に工事現場などで高い需要があるといわれています。
この車種の特徴の一つとして、重量のある物も持ち上げて移動させることができることと同時に、それらをそのまま車に積み込んで移動することが可能なので、1台あるだけで2つの役割を果たしてくれるメリットを持ちます。
サイズの種類も幅広く、コンパクトな小型タイプから容量が大きい大型タイプまで用途に合わせて選ぶことが出来ることも魅力的だと中古トラックの需要が高まっています。

ダブルキャブは中古トラックとして購入するのがお得

ダブルキャブは中古トラックとして購入するのがお得 ダブルキャブとは客室を意味するキャビンが二列あるトラックのことで、通常のトラックはシングルキャブと言ってキャビンが一列なので二人しか乗車できませんが、ダブルキャブなら二列あるので四人から五人ほど乗車することができます。
後部座席側にもドアが付いているタイプがほとんどで、前後左右にドアが付いたフォードアのトラックという少々変わった外見です。
メリットは作業員と機材を両方一度に運べることで、荷台の部分は平らになっているので濡れては困る機材を運ぶ時はシートなどをかぶせます。
あまり生産されないタイプなので新車はとても高く、現場で必要な場合は中古トラックとして購入するのが得策です。
また中古トラックとして売却する時はディーゼル車で燃料は軽油ということを差し引いても、かなり高く売れます。
荷台に機材を積み込んでいる場合に限りその機材を監視するという名目で作業員が二人まで荷台に乗車できるので、このルールを活かせば七人の作業員と機材を一度に運ぶことが可能です。

新着情報

◎2020/09/15

サイト公開しました

「トラック ユニック」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 中古トラックの見つけ方!. All Rights Reserved.